• PSSの技術
  • PSSの製品
  • 会社案内
  • IR・投資家情報
  • Q&A・お問い合わせ

ホーム > インフォメーション一覧 > 第28回日本医学総会 市民セミナー「さかど葉酸プロジェクトによる医療介護費削減」のご案内→開催中止

インフォメーション一覧

2011年3月 7日

第28回日本医学総会 市民セミナー「さかど葉酸プロジェクトによる医療介護費削減」のご案内→開催中止

4年に一度の医学領域の総括的な大展覧会「日本医学総会」において、市民が毎日の暮らしの中で知りたい健康的な生活や病気に関する情報に、気軽に触れ合うサテライト展示(無料)が、東京の丸ビルで4月2日~4月10日の9日間にわたって開催されます。

サテライト展示に併せ、会期中の4月5日(火)10:00~11:30には、肥満遺伝子の共同研究を通じて、PSSが大変お世話になっている女子栄養大学香川靖雄副学長による「さかど葉酸プロジェクトによる医療介護費削減」と題した市民セミナー(無料)が、同じ丸ビルの8F丸ビルホールで開催されます。


「さかど葉酸プロジェクト」とは、埼玉県坂戸市において、市内にキャンパスを置く女子栄養大学との連携により、認知症や脳梗塞等の予防に効果があるとされる葉酸を1日400マイクログラム摂取する運動を地域をあげて行っているものです。活動の成果として、坂戸市の医療費の伸び率は県下の最低水準に低下し、介護保険1人当たり給付費も減少するという実績を誇っています。


このプロジェクトでは、PSSの開発したマルチプレックス遺伝子解析技術「BIST」がSNP(遺伝子一塩基多型)解析ツールとして利用され、PSSの自動化技術が地域の健康増進事業にも活かされています。 日本人の15%に葉酸の不足しやすい遺伝子多型があり、この安価、簡易、迅速な分析器により、初めて脳卒中、認知症を予防する新しい手段が実社会で応用されることとなりました。

 

  是非、お誘いあわせの上、第28回日本医学総会 サテライト展示及び市民セミナーへご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

 

詳細はこちらから

  「第28回日本医学会総会サテライト展示/市民セミナーご案内」

PSSと女子栄養大学の共同研究に関するプレスリリースPDFファイル 「マルチプレックス遺伝子解析ツール「BIST」が完成女子栄養大学 栄養クリニックの2008年4月開講コースで利用」(2008年4月7日)

わかろう医学つくろう健康EXPO2011ロゴ ※開催中止になりました。詳しくは日本医学総会事務局にてご確認ください。

 

 

 

  • ホーム
  • PSSの技術
  • PSSの製品
  • 会社案内
  • IR・投資家情報
  • Q&A・お問い合わせ
ページトップ

プレシジョン・システム・サイエンス株式会社 〒271-0064 千葉県松戸市上本郷88番地