• PSSの技術
  • PSSの製品
  • 会社案内
  • IR・投資家情報
  • Q&A・お問い合わせ

ホーム > PSSの技術 > 用語解説 > 用語解説 [さ]

PSSの技術

用語解説

  • インデックス
  • あ
  • か
  • さ
  • た
  • な
  • は
  • ま
  • や
  • ら
  • わ
  • ABC...

用語解説 [さ]

シーケンス

シーケンスとは、DNAを構成する塩基配列を決定することです。DNAは生物の遺伝情報のほとんどを担う分子であり、塩基配列の形で符号化され 遺伝情報を解析するための基本手段となっています。 この配列決定は遺伝病や感染症の診断や治療法の開発に大変役立っています。 手法としては、1977年に開発されたサンガー法が基本となり有名である。この功績により、フレディリック・サンガーはウオルター・ギルバートとともに1980年にノーベル化学賞を受賞しています。またこのDNAの塩基配列を自動的に読み取るための装置をDNAシーケンサと呼んでいます。

  • ホーム
  • PSSの技術
  • PSSの製品
  • 会社案内
  • IR・投資家情報
  • Q&A・お問い合わせ
ページトップ

プレシジョン・システム・サイエンス株式会社 〒271-0064 千葉県松戸市上本郷88番地