インフォメーション

2017年12月13日

Conbio 2017出展のご報告

  • 会期:2017年(平成29年)12月6日(水曜日)~8日(金曜日)
  • 会場:神戸ポートアイランド国際展示場

「Conbio 2017」は、100社を超える国内外のアカデミア・ライフサイエンス及び遺伝子検査関連メーカーがブースを出展し、10,000人を超える研究者や業界関係者が来場する日本最大の分子生物学の学術集会です。PSSは資本業務提携を結んでおります(株)日立ハイテクノロジーズ(以下、日立ハイテク)のブースにて全自動核酸抽出装置「magLEAD 12gC」の展示を行いました。

日立ハイテクのブースにおいては、前処理システムとしての「magLEAD 12gC」、そして後工程の解析システムとして、日立ハイテク社製小型キャピラリー電気泳動型シーケンサ(参考出展)、配列データ解析ソフトへと一連の流れが可視化された展示となっており、多くの来場者の興味・関心を集め、製品の特長や導入メリットなど活発な意見交換を行う事ができました。本展示会における日立ハイテクとのコラボレーションは、PSS製品のプロモーションに大変、有益であったと思います。

会期中、日立ハイテクのブースをご訪問いただいた方々におかれましては、様々なご意見・ご感想を頂戴いたしました事、この場をお借りし、改めて御礼申し上げます。

  • 出展品:全自動核酸抽出装置 「magLEAD 12gC」
インフォメーション一覧
ページの先頭へ戻る