インフォメーション

2013年02月06日

ヒトES/iPS細胞などのエピゲノム自動解析システムと方法を開発、実用化へ

PSSの子会社ジェネテイン株式会社より、京都大学との共同研究成果について昨日発表がありました。

詳細内容はプレスリリース、または京都大学物質-細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)WEBサイトにてご覧になる事ができます。


なお、本共同開発で利用されたエピゲノム自動解析システムは、ジェネテイン株式会社より、3月から価格650万円で国内販売を開始する予定です。

インフォメーション一覧
ページの先頭へ戻る