magLEAD 6gC / 12gC

小容量~中容量の様々なサンプル種に対応したコンパクト抽出システム

概要

magLEAD 6gC / 12gCは、PSS独自の特許技術であるMagtration®による磁性体粒子の分離機構を搭載した全自動核酸抽出装置です。卓上型のコンパクトな仕様でありながら、6検体または12検体までを同時に処理することが可能です。抽出操作は、専用のICカードと試薬、消耗品をセットするだけで、初めての方でも簡単にご使用いただけます。

ICカードには、目的に応じた動作があらかじめ書き込まれており、様々な検体種からのトータル核酸抽出が全自動で行えます。

試薬は、あらかじめ必要量が分注されたプレパック試薬カートリッジとなっており、操作前の煩雑な分注作業は不要です。

装置および核酸抽出試薬は欧州医療機器指令98/79/EC(IVDD)に則り、医療機器としての品質、安全性、そしてユーザーの利便性に関する厳格な規格に従って設計開発されています。

magLEAD 6gC / 12gC 製品紹介動画

特長

POINT1
3ステップの簡単操作!
  • プロトコルの選択
  • 試薬・消耗品の架設
  • サンプル架設
POINT2
核酸抽出試薬「MagDEA Dx SV」との組み合わせで様々な検体種に対応可能。
POINT3
異なる検体種から同時に核酸抽出が可能。
POINT4
プレパック試薬とMagtration技術(磁性粒子のチップ内ハンドリング)による抽出と1サンプル専用レーン方式でコンタミネーション防止。
POINT5
迅速な核酸抽出が可能(約30分)
POINT6
サンプル容量は1mLまで対応可能。
POINT7
場所をとらない小型ベンチトップサイズ。
ヒト血清、またはEDTA、クエン酸を含む血漿、咽頭拭い液、鼻腔拭い液、尿、脳脊髄液、喀痰、便からのウイルスDNA/RNA抽出・精製。
EDTA、クエン酸を含むヒト全血からのゲノムDNAの抽出・精製。

仕様

magLEAD 6gC magLEAD 12gC
装置形状 卓上型
寸法 約W320×D500×H535mm 約W500×D535×H574mm
装置重量 約26kg 約55kg
電源 AC100-240V 50/60Hz 300VA AC100-240V 50/60Hz 300VA
処理能力 検体数 1-6検体/バッチ 検体数 1-12検体/バッチ
処理時間 約27分~/ run
※処理時間は、アプリケーションによって変わります。
温度制御機能 加温ブロック 40~95℃
処理液量 25-1000µL
プロトコル 専用ICカード
その他
オプション
magLEAD Barcode Reader(バーコードリーダー)
magLEAD Communicator(PC 用ソフトウェア)

CE/IVD(欧州医療機器指令 98/79/EC)適合

注文情報

製品名 magLEAD 6gC magLEAD 12gC
製品番号 A1060 A1120
梱包 1式 1式
価格(税抜) ¥1,400,000 ¥2,300,000

搭載技術

試薬・消耗品等

専用試薬

  • MagDEA Dx SV サンプル液量200または400µLからのトータル核酸抽出用プレパック試薬
  • MagDEA Dx MV サンプル液量1000µLからのトータル核酸抽出用プレパック試薬

専用消耗品

製品名 magLEAD Consumable Kit
製品番号 F4430
内容量 50テスト分
価格(税抜) ¥4,800
内容 抽出に必要な消耗品キット
  • Magtration®およびMagDEA Dx®は、世界10数カ国に特許出願・登録を行っているPSSの登録商標です。
    (日本Patent: No.3115501、米国Patent: No.5,702,950、欧州: No.687501)
  • このページに記載してあります製品の性能および仕様、外観等は改良のため予告なく変更することがありますのでご了承ください。
  • このページに記載してあります価格には消費税は含まれておりません。
  • このページに記載してあります価格は日本国内に限ります。

お問い合わせ

製品に関するご質問やご相談、資料請求などはお電話またはインターネットでお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ
047-303-48069:00~17:30(土・日・祝日・年末年始を除く)
フォームでのお問い合わせ
Magtration Technology World

製品一覧

ページの先頭へ戻る