インフォメーション

2016年02月01日

SLAS 2016出展の報告

PSSはこの度、1月25日~27日にアメリカ合衆国サンディエゴにて開催されたSLAS 2016(Society for Laboratory Automation and Screening)に企業ブースを出展、新製品3機種の展示を行いました。
SLASは、米国内はもとより、ヨーロッパやアジア圏の研究や臨床検査市場を対象としたラボ向け自動機器や消耗品メーカーなどが300社以上、今年度の来場者数は6,000名を超える業界最大規模の国際展示会となります。
SLAS 2016

PSSは、geneLEADおよびmagLEADシリーズの米国ラボ自動化市場へのアピールの場として当会への参加は効果的であると考えております。1月26日には、「New advances using MagtrationR technology」(Dr. Christian Oste and Dr. Tetsuya Ueda)というテーマで最新の機器および試薬の開発状況を、SLASに参加している研究者、企業に対して報告しました。その効果も相まって会期中、多くのラボ関係者ならびに関連企業への製品説明を行い、活発な意見交換がなされました。
SLAS 2016

多くの出展企業が自社の新製品や新たな用途開発と提案を積極的に行っており、ラボの自動化市場は今後も成長を続けてゆくことが大きく期待されると我々は考えております。
SLAS 2016

以上

インフォメーション一覧
ページの先頭へ戻る